壊れる要因と予防渋谷に住む方でiPhone修理にお困りなら
iPhoneの壊れる原因で多いのが落としたことによる破損です。主に画面のガラスが割れる。カメラのレンズが割れてしまうというのが多く、それで修理に出すという方もいらっしゃいます。iPhoneは様々な機能を持っており、企業努力により日々進化しております。その中でもカメラは非常に高性能で暗い所で明るい写真がとれるようになり、望遠機能がつき、広角カメラがついている等と進化している。それを落としてレンズを割ってしまっては折角のiPhoneの売りの一つを活かしきれなく、宝の持ち腐れになってしまいます。

iPhoneは他のスマートフォンよりも画面が割れやすく、胸の高さくらいから落とすとすぐに割れてしまうことがあります。普段外でiPhoneを使っている人を見ると画面が割れている人を多く見かけたりします。割れたまま使うという方もいますが非常に画面が見づらく、目にもよくないので修理をしましょう。

対策としては衝撃を防ぐためのケース、強化フィルム、バンパーリングという手段が主です。どれも自然にiPhoneに取り付けることができ、今ではiPhoneのアクセサリーの一つと言えるくらいにオシャレな見た目になっています。薄くて軽いのが良いから何もつけたくない場合は細心の注意を払うしかありません。iPhoneは日常的に使用するので、壊れる前に予防をしておりましょう。

Post 2